子供のタブレット学習

タブレット学習ってどう?

タブレット学習 効果なし!に見られる共通点

投稿日:

タブレット学習は効果が無い?

タブレット学習が子供たちの学習に効果が無い。効果なし。

といった口コミ・体験談も目にすることがあります。
しかし、タブレット学習の効果なしとなった理由を見ていくと、共通点も見られます。
子供の年齢にもよりますが、タブレットでの学習を全て子供に任せてしまうのでは無く親も積極的に関わることで「タブレット学習は効果あり」に変えていくことは可能です。

もちろん、お子さんによってタブレット学習が向いていない可能性はあります。

タブレットでの勉強、学習スタイルが合っていないという判断をした場合には、紙の通信教育・教材を利用する学習に変更することも必要ですね。

タブレット学習 効果なし!に見られる共通点について、見ていきたいと思います。

タブレット学習、効果は無かったのはなぜ?

タブレット学習は効果が無い、飽きてしまった
タブレット学習を始めてみたものの・・・学習の効果がなかった、といった場合、多くは次のようなことが理由となっているようです。

タブレット学習のデメリットともいえる部分となりますので、実際にタブレット学習サービスを申込みされる前に、こうした部分についても理解されておくことが重要といえます。

その上で、メリットもたくさんありますから

ミニゲーム(アプリ)ばかりやってしまう

小学生向けのタブレット学習では、ミニゲーム(アプリ)をすることが出来ます。

ミニゲーム(アプリ)の内容自体は学習に関連したものですから、全く関係ないものではないのですが、ミニゲームはミニゲーム。

ミニゲームをたくさんやったからといって、学習効果がどんどん上がる!といったことは無いです。
(少なくとも我が家では)

問題を解いていくとミニゲームが出来るようになったり、毎月学習に関連したミニゲームが配信されたりといった場合もありますが、子供たちにとっては勉強そのものより、やはりミニゲームの方が楽しいのです。

タブレット学習サービスによってはこうしたミニゲームができる時間も上限を設定できますから、うまく活用する必要があります。

上限を設定できないタブレット学習サービスの場合には、やはり親がしっかり管理してあげる必要はあります。

やっぱり紙に書かないと覚えられない!

お子さんによっては、紙に書く、鉛筆を持って手を動かすことで勉強した方が学習内容が頭に入っていく場合もあります。

これはもう親が見極めてあげる必要もあるでしょう。

もちろんタブレット学習でも、国語はもちろん算数でも問題文を読み、答えを導く必要がある箇所も多いですが選択肢が用意されています。

そのため、自分の頭でしっかり考えてから答えを書かなくても良いのですね。

次に挙げている「すぐに答えを見てしまう」にも通じますが、そうなると頭の中にしっかり残らないようです。

漢字の書き取り、英語も単語をタブレット上になぞって書いたりもありますが、鉛筆で紙にどんどん書いていく方がこうした場合には、学習効果はやはり高いようです。

タブレット学習に向いた科目、向かない科目はあると考えた方が良いでしょう。

すぐに答えを見てしまう

タブレット学習では、基本的に答えの選択肢があります。

よく分からなくても、どれか答えを選べば「丸付け」がされて解答をすぐに見ることが出来ます。

ここで、

「なぜ間違ったのか」

をしっかりと考えるのであれば良いのですが・・・子供によっては「ああ、そうなんだ」で終わりすぐに次の問題に言ってしまうケースもやはりあります。

タブレット学習は効率良く学習が進められますが、使い方次第では頭に残らず、学習の進みは早いのに成績がなんだか上がらない・・・といった結果になってしまう可能性はあります。

基本講座だけだとすぐ問題が終わってしまう

小学生向けのタブレット学習として、知名度が高いところでいうと、

  • スマイルゼミ
  • 進研ゼミ チャレンジタッチ

がありますが、基本的な講座だけだと学習をサクサク進めていける子だと、問題数が足りない、という不満を持ちやすいです。

発展クラスなどを利用することも必要かもしれませんね。

ただ、注意点としてはこうした発展クラス、応用コースの場合には基本コースよりも難しいので子供によっては挫折する可能性がある、ということです。

お子さんの理解度は、定期的に親も確認してあげてよく分かっていない部分はサポートする必要はあるかなと思います。

前述したように、タブレット学習はよく分かっていなくても進められるため注意が必要です。

タブレットに飽きてしまった

タブレット学習は、子供たちにとって「タブレット自体が物珍しい」こともあり、最初は自分たちから積極的に開いて勉強してくれます。
(途中からミニゲームがメインになっていることもありますが)

大人がスマホやタブレット、ノートパソコンなどを触っているのを見て、やっぱり良いなーと思っているのでしょうね。

自分の勉強用のタブレット端末は、嬉しいようです。

しかし、どんなに目新しい機械も、次第に飽きます

そのためにミニゲームなどが用意されていて、子供が継続して学習できるような工夫がされているのですが、飽きる子は飽きます。

そのため学習効果が無くなってしまう可能性はあります。

タブレット学習、効果が無い大きな2つのケース

タブレット学習で学習の効果が無いのは、タブレットを利用しての学習に飽きてしまいやらなくなった、書かないと頭に入らない、といったことに大きく分けて良いかもしれませんね。

ただ、こうしたことは実際にやってみないと分からないことでもありますので、思い切って試してみるしかないとも言えます。

タブレット学習の体験会などがお近くのショッピングモールやデパートなどであれば、実際に参加してタブレットを子供に触らせてみて、興味を持って学習に取り組んでくれそうか反応を見られることもおすすめです。

タブレット学習、親のメリットも見逃せません

タブレット学習にはこうした効果なし、デメリットともいえる部分もありますがメリットもあります。

その中の一つとして親の負担軽減があります。

共働きのご家庭も多いと思いますが、そうなると紙の通信教育・教材の場合の「丸付け」が大きな負担になるんですよね。

すぐに丸付けしてあげられない。
聞かれてもじっくり解説してあげる時間が取れない。

親のストレスも溜まってしまいます。

タブレット学習はそうした丸付け、解説を自動で行ってくれますし、間違っている問題に関しては後から「解き直し」で出題もしてくれます。

タブレット学習は反復学習に向いています。

タブレット学習の長所・短所、メリット・デメリットを理解されてから、実際にお申し込みをされると後から「失敗した!」となる確率は減らせるのではないでしょうか。

タブレット学習のメリット・デメリット 関連記事

タブレット学習のメリット・デメリット

子供たちの自宅学習、タブレットを利用して学習する場合のメリット・デメリットについてご紹介しています。
タブレット学習のデメリットについて気になる方は、ぜひご覧になってみてください。

-タブレット学習ってどう?
-

Copyright© タブレット学習おすすめ 徹底比較! , 2019 All Rights Reserved.